コロナウイルス感染拡大は「3月までに終結」と大御所が断言する理由



こうなったら誰の言葉を信じるかは自分次第。
ということで、
たまたま見かけた根路銘国昭さんというウィルス研究家の
アドバイスを参考にしようと思う。

・インフルの様に空気感染はしない。飛沫感染だから1~2メートルも飛べば死滅する。
(※空気感染する、数時間も生きている、むしろ長寿と言ってた説もどっかで聞きました)
・密室化して培養するより窓を開けて追い出せ。
・タンパク質が壊れると死ぬので、手洗いは石鹸で。1%の界面活性剤を噴霧すれば死ぬ。
(だけど洗剤とか噴霧したくないよう。)
・温かくなると弱るので、2月末か3月には終息すると思う。

2009年の豚インフルの時は、子ども上二人がさっさとかかって軽症で済んだので、
今回もあまりビビってはいない。
それより、何の対策もないまま、全国の学校閉鎖して、大混乱に陥れようとしている
政府の無策にビビる。
日本は、子どもの留守番を甘く見過ぎ。
大人のテレワークや時差勤務、休める人は休めとか、父母で午前午後交代勤務とか、
色々あるだろう。
安部さんはお子さんいない、麻生さんはお手伝いさん100人いるから
わかんないんだろうね。
じじばばが子守のために大移動して、電車で罹患し、ウイルスが移動して、、
みたいなことになったら元も子もない。
大きな子たちは勝手に街に繰り出すだろうし、
親のいない家に遊びに行く子もいるかもしれない。
そして、安全のためにゲーム三昧。
それよりなにより、小さな子が留守番することのリスク。
なんだかコロナから少しそれてしまったかもしれないけど、

自分で言っててすごく気に入ったmagからの提言(笑)
・父母が午前午後で交代勤務すればよい。
・保育のためにフレックス勤務を無制限に認める。
・テレワークを進める。
・向こう3ヶ月所得税を徴収しない。
などなど、いくらでも案が浮かびます。
案外、これを機に生産性が上がるかも・・。


消費税増税後のコロナで大打撃だが、
日本人は賢いのである。
皆で助け合っていきましょう。
現場が大事。

この記事へのコメント